アミロイドーシスは、体の中からアミロイドを少し取り出し、顕微鏡で確認すれば診断できますが、なかなか診断のつきにくい病気の1つです。なぜアミロイドが体に沈着してしまうのか、まだ解明されてなく、これからの研究が待たれます。

 

アミロイドーシスの治療は、おのおのの症状を抑えることが中心となりますが、全身性アミロイドーシスの一部には、肝臓移植で効果をあげていたり、自己末梢血幹細胞移植や抗がん剤を使用した化学療法が有効な場合があります。また、最近ではアミロイドに対するワクチン治療も開発中です。

 

アミロイドーシスは侵された臓器によって治療効果が分かれますが、未治療であれば徐々に進行してしまう病気ですので、専門家の診断を受けることが何よりも重要です。

 

「アミロイドーシスに関する調査研究班」のアミロイドーシス病型別専門医リスト(平成24年7月)

 

最後になりましたが、偉大なラガーマン、指導者、キャスターとして活躍された上田昭夫さんのご冥福を心からお祈りいたします。