素敵な人生の先輩がいると、元気が出る。

 

こんなことやっている先輩がいるのか。先輩はこんなふうに考え、見ているのか。

 

そういうことを知ると、自分はまだまだだと思うことがある。自分のこれからをもっと考えたくなることもある。そして、自分のこれからの可能性を感じられる。……そんなことはないだろうか。

 

シニア向けのiPad講習を展開する山根さん。現在80歳だそうだが、今の活動、それまでの活動をうかがうと、元気が出る。そんなことを以前書かせてもらったが、その山根さんに同世代の男性についての話を聞いた。

 

山根さんによれば、男性が会社を卒業して失うものは次の3つなのだそうだ。

 

1.行くところ
2.会う人
3.やること

 

そして、そんなことは彼ら自身もちゃんとわかっている。だから地域デビューを目論むわけだが……。

 

山根さんに同世代の男性について聞いてみたら、暗い顔になった。

 

女性は失うものがないから遠慮しないでしょう? リタイアした男性に向かって、「そんなこともできないの」とか平気で言うから。

 

今まで会社と家の往復だけで、仕事関係以外のつきあいがほとんどなかった男性は、そんなことちょっと言われるだけで、ものすごく傷つくんですよ。

 

え!? 女性はそんなこと言いますか。

 

たとえ言葉で言われなくたって、そう思われていることくらい敏感に察知しますよ。

 

だって会社では上司や周りがどう自分を見ているかを察知する訓練をずっとしてきたのだから。そういう気持ちは敏感に察知します。これが、シニア男性の地域デビューの悲哀。

 

たしかに、女性の言葉は無邪気なおしゃべりで容赦ない、かもしれない。