先日、TVのバラエティ番組で、人妻の不倫の驚くべき実態について明かされました。探偵会社の社長さんが番組に登場し、既婚女性が陥る不倫の実態について説明されていました。人妻の不倫件数はここ10年間でなんと4倍に増えているというデータもあるそうで、経営している探偵会社にも年間で2000件以上もの不倫調査の依頼が来るそうです。

 

また、そうした人妻たちの不倫相手の職業には特徴があり、かかりつけの医者や、テニスなどのスポーツインストラクター、学校教師などが多いそうです。探偵会社の社長さんの分析によれば、「日常的に接点がある職業の男性との不倫が目立つ」ということでした。

 

そこで今回、私、夫婦問題研究家・離婚カウンセラーである岡野あつこは、「不倫しやすい職業ランキング・トップ5」を考えてみました。

 

不倫をするには、相手を楽しませるためのお金と、ある程度自由になる時間、不倫相手と出会える機会、そして家庭と不倫相手を両立させようとする強いメンタルが必要ではないか、と私は考えます。そうした条件を満たす職業に就いている男性は、不倫しやすいと思います。

 

では、具体的に不倫しやすいのはどのような職業でしょうか? トップ5を挙げていきます。

 

第5位は、車や生命保険などのセールスをする「営業マン」です。

 

企業や店舗だけでなく、一般家庭にも出掛ける営業マンは職業柄、多くの人と積極的につながりを持とうとします。営業成績のよい敏腕営業マンであれば、収入もよいでしょうし、広い人脈を生かして好みの女性と出会うチャンスも多いはずです。

 

「営業トーク」と言われるように、営業マンのコミュニケーション力は当然高く、女性を楽しませる会話はもちろん、自分を売り込むトークも得意でしょう。また営業マンは他の職業と比べて自由に時間を作れますから、「先方と打ち合わせ」「外回り」などと称して、女性と2人でランチできたりするのです。