それはどのようなことかといいますと、仕事に一生懸命打ち込んでいた人が定年退職するときです。

 

会社にいれば、同僚や部下がいますから、社会的な孤独を感じることはないでしょう。しかし、定年退職をして家にいる時間が増えた場合はどうでしょう? 奥さんは、奥さん自身のコミュニティをすでに作っていることが多いので、「ちょっとランチに行ってくる」「旅行に行ってくる」と言って、夫のことなどかまってくれやしません。もちろん、勤めていた会社の同僚や部下が家に訪ねてくるわけではありませんので、昼間はひとりぼっち。そして、テレビの前から動くこともなく、外へ買い物に行くわけでもなく、誰ともしゃべることなく、一日を過ごしているので、自分の健康の変化にも気づいてもらえず、ついには病院へ……というパターンに陥るわけです。

 

そうならないためにも、仕事に一生懸命打ち込むことは悪いことではないのですが、職場以外のコミュニティを定年前に作っておきましょう。でないと、一気に「孤独感」が襲ってきて、そこから体調を崩してしまうこととなってしまうかもしれません。

 

将来、みなさんには健康的な90歳以上を目指してほしいので、薬を飲んだり、健康診断に行ったりするだけではなく、今のうちから「社会的なつながり」を意識して生活することをお勧めします。

 

自分の仕事だけ、自分の家庭だけというのではなく、幅広く人と出会ったり、趣味に打ち込んだりしたりして、自分の可能性をどんどん広げてみましょう。

 

「そんなこと言ったって、忙しくてそんな時間はない!」という人は、メールでもSNSでもいいので、昔の学校の友だちに連絡してみてはどうでしょう? 新たな「つながり」ができるかもしれませんよ!