■近未来のコンビニでは、全自動化が当たり前となる?

●コンビニは、看板を外せば見分けが付かない

消費税増税後は、どの小売業も経営が苦しくなった。アパレルでは、業界大手といわれる企業を母体とするブランドでさえ、かなり多くが苦境に立たされている。日常生活品を扱うスーパーなども同じくである。最近では大手流通を避けて地元に密着したスーパーなどに顧客の足が向いているとか。

 

そのようななかで、唯一出店攻勢を掛けているのがコンビニ業態である。もはや全国津々浦々に出店したはずと思ったが、セブン-イレブンはまだ余地があるとばかりに、これから出店攻勢にでるそうだ。競合他社は、果たしてその動きにどう対処していくのか。コンビニの市場競争の行方はいかに。

 

ところで、コンビニ業界はセブン-イレブンが、頭ひとつ抜きでた状態にあるのは言うまでもない。それを承知のうえでコンビニ各社を比べてみると、実はたいして差がないことに気が付く(売上は別として)。

 

セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、その他コンビニの商品構成は、どこも似たり寄ったりである。コンビニとはそういうもんだといえば、それまでであるが。それにしても、商品、売り方、店舗の形態とまるで申し合わせたように同じだ。違っているのは、看板ぐらいだろう。

 

コンビニは、日常品(コモディティ)である食品と日用品の品数を売れ筋に絞り、想定顧客に近い立地に多数出店するという、いわば利便性を訴求する業態である。したがって、商品構成や売り方が同じになるのは当然かもしれない。

 

しかし、他の業態、例えばアパレルでは他の店舗とは違う商品または品揃えをセレクトし、差別化を図ることが当たり前である。また価格にも差異がなければ、顧客にも訴求しないし、存在する意義もない。

 

ところが、コンビニはどこでも8〜9割ぐらいは同じ商品構成であり、店内レイアウトやレジの位置、人員の配置まで一緒である。差異があるのは、店舗の看板が違っているだけと言っていいだろう。

 

コンビニは価格訴求はしないから、なおさらのことである。とにかく、店内に入ってみればどこも一緒、それがコンビニである。昨今では、プライベートブランドやコーヒー、ドーナツなども導入しているが、これまた一緒という具合だ。

 

細かい部分で違うのは、当然知っている。PBや弁当などの商品開発、サービスの拡充に多少の違いはある。しかし、店舗形態、運営方法、商品構成が共通するなら、それはもはや自動販売機と同じである。

 

だったら、コンビニも全自動化(または自販機化)してもおかしくはない。いや、コンビニほど全自動化に適した業態はないかもしれない。

 

何故なら、店舗は比較的小さく、商品構成が絞り込まれているからだ。全自動化には打ってつけと言っていいだろう。店舗まるごと自販機化する。それは近未来のコンビニの姿かもしれない。

 

しかし、顧客がそれで満足するかどうかは別であるのは言うまでもない。