改めて新幹線の基本設計の凄さに驚かされる。ガソリンがまかれて火を付けられても決定的なダメージが無いのなら、通常の火災程度であれば常備されている消火器で容易に鎮火出来ることだろう。だったら消火器を搭載していることを啓蒙すればいいんじゃなかろうか。

 

ちなみに運転士は小田原駅到着後、緊急搬送されるほどの火傷を負ったものの、走行できる状態かどうかという安全確認を行い、警察の長い現場検証が終わるまで待ち、自分で運転したという。新幹線の運転士はレベルが高いと言われるけれど、素晴らしい責任感だと思う。

 

こういう話を聞くと、現場検証のため車両の移動を制限した警察の対応が腹立たしい。そもそも走行してたんだから停車場所=現場じゃ無い。専門家なんだからテロ行為じゃ無いことくらいすぐ解っただろう。動くことを許さなかったのは「管轄」という名の縄張り争いのためかと。