TVなどのメディアを見ると、新幹線の安全神話が崩れたとか、乗車時の手荷物検査を行わなくていいのか、と皆さん言う。その際、海外の高速鉄道の手荷物検査の有無が表になってるのだけれど、てんでナンセンス。ヨーロッパの項目を見ると、皆さん△印を付けてます。

 

712

ユーロスターは例外

 

確かにイギリスと大陸を繋ぐトンネルを通るユーロスターのみ手荷物検査を行っているが、△じゃなく「例外」である。フランスTGVだってドイツICEだってタリスだって手荷物検査無し。アメリカのアセラ・エクスプレスや、台湾新幹線も行っていない。ほっとけば生きた鶏を乗せかねない中国くらいかと。

 

7011

ドイツICE

 

皆さん海外旅行したことないのだろうか? そもそも新幹線のように窓の開かない鉄道車両なんか今や当たり前。全て手荷物検査ということになると、膨大なコストを伴う。成田空港だってクダラン身分証明書チェックや荷物チェックを止める時代だ。チミ達ナニを言ってるのかと。

 

新幹線の難燃構造も素晴らしい。何リッターのガソリンがまかれたのか不明ながら、高速走行中に出火し、火災警報が鳴った後、緊急停止。さらに運転手が消火器で消し止めるまで燃えたにも関わらず延焼しなかった。人命に関わる有毒ガスも出していない(黒煙の大半は不完全燃焼のガソリンかと)。