2015年7月号の『Wedge』に「タワーマンション狂奏曲の裏側」という興味深い特集記事が組まれていたので、さっそく読んでみました。

 

Wedge 2015年7月号 タワーマンション狂騒曲の裏側

 

その中で、特に内容で気になったのは、<「住みづらさ」増すタワーマンション 立ちはだかる区分所有法の壁>と題する記事です。記事の要約は、概ね以下の通りです。

 

●東京都心部や城南エリア、川崎・武蔵小杉などではタワーマンションが人気を集めていて坪単価が跳ね上がっている。

 

●そのタワマンの購入ニーズを支える要因としては、大きく2つ挙げられる。

(1)今年の税制改正で相続税の課税が強化されたことに伴い、相続税上の評価減が大きいタワマンが投資対象として注目されていること。

 

(2)分かりやすい立地にあるタワマンは、特に中国人富裕層に好まれやすい傾向にあること。

 

●しかし、高まる人気の一方で増加傾向にある中国人オーナーなどの行動の結果、以下のようなマンション内に不協和音が生じつつある。

(1)中国人などがゲストルームなど共用施設の利用を事実上独占している。

 

(2)「Airbnb」とよばれる宿泊マッチングサイトが登場し、自分の家の空いている部屋に旅行者などを有料で泊める行為が増えつつある。

 

【参考記事】

・マンションに外国人旅行客が連日ウロウロ…「Airbnb」のリスクと闇(All About News Dig)

Airbnbで都心マンションの「ホテル化」が進行中

 

・こうした行為を禁じるにはマンションの管理規約を改正することが必要だが、これは区分所有法上の特別決議事項に該当し、全区分所有者等の4分の3の賛成が必要なのでほとんどのマンションで不可能な状況にある。

 

・管理規約が改正できない以上、「Airbnb」のようなマンションのホテル化を防ぐ手立ては事実上ないも同然のため、区分所有法の改正で規制するほかない。

 

この記事を読んで、私が指摘したい項目として2点あります。