先日、お風呂で衝撃的な事件が起きました。

 

1歳9か月の息子を湯船で待たせ、手桶ですくったお湯で髪や体を洗っていたときのことです。仕上げに湯船のお湯を頭から浴び、さあ入ろうと思ったら、なんか息子の様子がおかしい。いつもはお湯でバシャバシャ遊んでいるのに、若干うつむきかげんでじっとしている。次の瞬間、そこにあってはならないものが目に入りました。

 

ウンコ! それもでかい! 視力0.1を切って20年経つド近眼の私でもはっきりその存在を確認できるほどでかい! 10センチ超の大物と、残党とおぼしき3センチ程の小物が、プカプカと湯船を漂っていたのです。

 

想像してみてください。リラックスとか癒しとかの文脈で語られるバスルームに、ウンコが突如出現した衝撃を。

 

理想のママなら「あら、ウンチしちゃったのね。もういちどキレイキレイしようね」とでも言うかもしれません。でもそんな人、東京23区に生息しているイリオモテヤマネコより少ないんじゃないかと思う。

 

しかもこの日は金曜日。一週間の疲労が蓄積していた普通のママの私は、思わず「うぉおおおおお!! 何やってんの!」と叫んでしまいました。だって、だって、ウンコのエキスが入ったお湯を頭から浴び、もしかしたら口にも入ったかもしれないんです。清潔な文明社会で育った私が、正常な神経を保つなんて絶対無理!

 

お風呂場に叫び声が反響し、ボリュームは通常の1.2倍。ただでさえ“やっちまった感”でいっぱいだった息子は大泣き! 私もつられてパニックになり、バスルームはカオス空間に。引きちぎるようにお風呂の栓を抜いて息子を引き上げ、シャワーでウンコエキスを洗い流す。私も頭からシャワーをぶっかけ身を清める。逃げるようにお風呂場から出て、荒っぽい手つきで息子と自分の体を拭きました。

 

全裸で逃走した息子をリビングで捕獲し、なんとかパジャマを着せることに成功。ぐったりしてお風呂場にバスタオルを置きに戻ると、湯船には排水溝に流れなかったウンコの親子が。それを見た瞬間、「もう、イヤーッ!!」とバスタオルを床に叩き付けてしまいました。