あまりにも他責が過ぎると感じたので、失礼ながら私から一言、「では○○さんは、今の話がすべて解決されたら、見違えるようにやる気にあふれて仕事に取り組むようになるのですか?」と尋ねると、一瞬ハッとした顔になり、そのまま黙ってしまいました。

 

その方には「今の他責の姿勢では、いつまで経ってもやる気なんか出ないし、周りから評価もされない」「やる気が出ないと言って、力をセーブしているつもりが、いつの間にかそれが実力になってしまう」など、ちょっとお説教じみた話をしましたが、これが、何でも他責にしてしまうことの怖さです。

 

また、こういう人たちが言う「やる気が出ない」という理由を解決してあげたとしても、それでやる気が出ることは絶対にありません。安い給料をアップしたとしても、上司が気を遣うようになったとしても、結局は次のやる気が出ない理由を探してくるだけです。

 

これほど極端ではなくても、実は自分のやる気が出ないことを周りのせいにしているケースは、意外に多く見かけます。

 

やる気が出ないことで損をするのは、結局は自分自身です。

 

「それが解決すると、本当にやる気が出るのか?」と、自分にも問いかけてみてほしいと思います。