日本政府は、2014年に過去最高の1341万人に達した訪日外国人旅行者数を2016年までに2000万人、2019年までに2500万人、将来的には(遅くとも2030年までには)3000万人にする目標を掲げています。訪日外国人は「輸出と同じ効果」があり、工場が海外に移転してしまった現代、とりわけ円安になると絶大な経済効果を生むことから、政府の「成長戦略」として重視されているのはご存じのとおりです。日本人の海外旅行者数は1690万人なので、間もなく訪日外国人旅行者数に追い越されることでしょう。

 

国内観光旅行者数も、レジャー白書によると年間5,590万人ですから、政府の目標どおりにいけば、近い将来、観光客の3人に1人は外国人客ということになります。

 

しかし、この数字を達成するためには、大きなハードルがあります。それは、ホテルがキャパシティオーバーに近づいていると言われていること。

 

その背景として、外国人旅行者の行く先は、北海道・東京・富士山・高山・京都・大阪・広島・福岡と、いわゆる「ゴールデンルート」に偏っていることが挙げられます。そのため、それらの都市はどこも部屋の取り合いになりかけているのです。

 

そのため、政府の目標値を達成するためには、もっと全国まんべんなく、いろいろな地域にまで旅行するようにするか、人気の都市部のキャパシティを増やすことが必要なのです。

 

そこで登場したのが、最近流行しつつあるAirbnb(エアービーアンドビー)。米国発・全世界で利用される空き部屋マッチングサイトです。自宅の部屋を外国人に有料で貸すことが様々な賛否を呼んでいますが、政府も規制緩和し、東京都心や京都・大阪等の都市部を国家戦略特区に指定して、10日間以上の外国人の滞在に関して、事実上「旅館業法」の適用を受けずに自宅等の部屋を有料で貸し出せるようにする予定です。