最近、朝のニュースで10代、20代の親が、自分の子供を殺してしまうニュースが多い気がします。自分が24歳なので気にして見てしまうせいもあるかも知れないですけど、ここ2~3ヶ月はよく見ました。

 

そんなニュースを見るたびになんとなく心に引っかかる悲しい気持ちというか残念な気持ちというか、いたたまれない気持ちになります。そんな気持ちがなんとなく分かったので書きます。これで救える気持ちがあると嬉しいです。

 

■どんな背景で子供を殺してしまうのか
ニュースを聞くだけでは、事件があった場所、親の名前、子供の名前、事件内容しか書かれません。たぶん、大体の人が思うことは想像が付きます。

 

若いからダメだ。出来ちゃった結婚だからダメ。子供がかわいそう。で、次のニュースで忘れていく……。そんな感じだと思います。

 

私は最近、同じ年代の親が子供を殺してしまうニュースだと、自分と重ねて見てしまい、どうしてもその背景を考えてしまいます。始めは「自分の子供」を殺すなんて考えられない!でしたけど、だんだんその親の気持ち、そこまでにいたる経緯を考えるとなんともいえなくなります。その背景を考えると絶対にどこかで止められる所があったはずです。

 

●つもりにつもって殺す
ニュースで子供達の年齢の見ると、多い年代があります。0歳、3歳、5歳。このくらいの年代が多い気がします。この年代から思うに何かの節目の年齢な気がします。

 

0歳は新しい家族が生まれて2人だけだった生活が子供中心の生活になります。オムツ替え、おっぱいをあげる、張って痛くなる、乳腺炎、そして、夜鳴き。

 

3歳だと、自我が完全に芽生えます。多くの子供がしゃべりだす時期です。あとは体力があり余って広いスーパーなんて行こうもんならもう走り回ってしまいます。よく、大運動会がはじまった!なんて表現をする人がいますが、親からしたらそんなカワイイもんでもありません。とにかく、親の欲しいものは選べません。だっこも出来て10秒です。

 

5歳はたぶん幼稚園に言って慣れてきている時期ですね。ここだと、幼稚園費の問題やお金の問題や親との付き合い、友達とも遊んでいろんなことを覚えてきます。体力もだいぶついてくるので遊ぶのにも一苦労ですし、汚い言葉を覚えるのもこの時期ですね(もっと早いかもしれません)。

 

●環境の変化についていけない
だれも子供を殺したい親なんていないと思っています。でも、そこに行き着くのは何かがつもりに積もって、積もる原因を無くす=「殺す」に行くのだと思います。

 

0歳児が家にいるときの変化は大きいです。オムツ替えだとキレイにオムツの中でしてくれればいいですが、ウンチの量が多くてオムツからはみ出ることなんてよくあります。その度に服を着替えさせる。文字で書くのか簡単ですが、これが1日に何回も、1週間に何回も続くとツライです。場合によってはお風呂に入れないといけないですからね。

 

これが、夜中に起きるともっとツライです。0歳児は2~3時間おきに起きます。ミルクだけなのですからお腹が減るのは当たり前です。2~3時ならまでいけても、4~5時が一番キツイ時間です。もし、この時間にオムツからはみ出たら、取り替えないといけないですね。これも1回ではなく何回もあります。

 

おっぱいも飲むといいですが、飲んでくれないと自分で絞らないといけないです。しかも、乳性炎で吐き気や熱が出るかもしれません。逆に出なかったらでなかったで、「ちゃんと栄養があるのかな?」「何か自分の体に問題があるのかな?」とぐるぐる考えが回ります。そして、ミルクづくり……。

 

3歳だと、本当に走り回ります。なんにでも興味があります。親からしたらこの「興味」が親の都合の悪いことだったりします。ストーブに手を入れたり、虫をつかむならまだいいです。なんとか出来ます。でも、叩いたり、物を投げたりするのは勘弁ですね。

 

硬い棒でいろいろなところを叩いて音が出るのがたのしい、そして、必ず親を叩きに来ます。痛いというのが喜んでいると思ってはたき続けたりします。叩くのが親ならまだいいですが、叩く対象が別の子供だったら問題です。まだ、力の加減が上手くないので、そのまま叩いてケガをさせてしまったら問題です。なので、毎日外にでたら目を光らせて神経を使う。

 

買い物も時間との勝負です。スーパーに行こうものならまず、走り回ります。自分の興味があるものしかいきませんからね。なので、自分の服の買い物で服屋に見に行こうものなら即効で嫌がり、どこかに消えていきます。選べたもんじゃありません。

 

外食だってそうです。2人のときに行っていた外食なんていけません。席には座りませんし、おとなしく食べても5分食べればいいほうです。飲みになんていけません。ファミリーレストランのありがたみです。ファミリーレストランの意味が今になって分かりました。