痛みで苦しまない人生を医学で導く痛み改善ドクター、富永喜代です。

 

我が国の肝炎(ウイルス性肝炎)の持続感染者は、B型が110万人~140万人、C型が190万人~230万人存在すると推定されています。

 

肝炎ウイルスは、本人が気づかないうちに、肝硬変や肝がんへ移行するウイルス感染です。現在、保健所及び各自治体が委託する医療機関で無料検査を行い、陽性の結果が出た方には医療費助成制度などが実施されています。

 

肝炎無料スクリーニング検査は、インターフェロン治療や母子感染のリスクを下げる対策などが早期に実行できる素晴らしい制度だと思います(当院でも、とても若い方の肝炎陽性を発見し、早期治療につながった例があります)。

 

しかし、まだまだ検査が無料で受けられることをご存知の方は多くありません。

 

また、肝炎ウイルスの感染経路は様々で、本人の自覚なしに感染している可能性があることもあまり知られていません。