気になる温水洗浄便座の一般家庭の普及率は、5年に1度、総務省による「全国消費実態調査」で調べられており、平成26年の集計結果は平成27年7月より順次公表されるようです。

 

前回、平成21年の調査結果によると……、

 

ウォシュレット普及率の全国平均は68.8%で、すでに半数以上の世帯にウォシュレットが普及している。最も普及率が高いのは富山県で81.9%。北陸は石川県や福井県も上位に入っておりウォシュレットの普及率が高い。

 

出典:都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン] ver 1.5

 

これをみると、自宅で使う人は7割弱いるようですが、家族全員が使っているわけではなく、それに外でも使うという人はぐっと減ることでしょう。

 

ちなみに、旧ブログ「のりのり麻酔科医のブログ」でどこまで温水洗浄便座が使えるかアンケートをとったところ、「家でしか使わない」と答えた人が71人中25人(47.2%)で、「公衆便所でも使う」と答えた人は71人中11人(20%)でした。

 

回答数が少ないのですが、そこそこ現状を反映しているのはないでしょうか。

 

※商標の普通名称化により「ウォシュレット」や「シャワートイレ」などの呼称で総称している場合があるが、ウォシュレットはTOTO、シャワートイレはINAX(LIXIL)の商標である。(出典:Wikipedia