はい。また東スポネタです。すいません!

 

「銀座のクラブママの“枕営業”は客の妻への不法行為には当たらない」

 

過去、東京地裁が出したこんな判決が、ちょっとした騒動を呼んでいるみたいだ。

 

判決は昨年の4月14日に言い渡されたものだが、最近になって法曹関係者のあいだで話題になり、一部で報じられたといういきさつだ。

 

銀座のママを相手取り、クラブに通う客の妻が「7年間にわたり夫と継続的な不貞行為があり、精神的苦痛を被った」として400万円の慰謝料を請求した訴訟だったらしい。

 

東京地裁は「不貞行為があったにせよ、妻との関係で不法行為は成立しない」と妻の訴えを却下。判決では、

 

「(客とママの)性交渉は典型的な枕営業に該当する。ソープランドに勤務する女性のような売春婦が、対価を得て妻のいる客と性交渉を行った場合、性交渉は客の性欲処理に商売として応じたにすぎない」

 

と断定。さらに、

 

「クラブのママやホステスは、自分を目当てとして定期的に通ってくれる優良顧客を確保するために営業活動を行っており、いわゆる枕営業と呼ばれる営業活動を行う者もいることは公知の事実」

 

と続けた。早い話、銀座のママ(あるいは浮気に勤しんだ殿方)にとっては“勝訴”をもぎ取ったかたちとなったわけなんだけれど、ところがこの判決に怒りの声を上げているのは、意外にも“銀座側”なのだという。