さらに中居の放言は続き、既婚者である木村拓哉を除く、メンバーの結婚の可能性についてまでも語り出す。

 

「稲垣(吾郎)ムリでしょ、同居人いるから。草なぎ(剛)は愛が分からない。香取(慎吾)が一番ダメ、一人好き。SMAPやばいよね、誰か、(結婚を)やんないと」と苦笑いだった。

 

次に、中居のこの“メンバー評”が仮に正しいのだとすれば(ずっと一緒にやってきたわけだから、おそらく正しいのだろう)、SMAPってえのは、先天的なのか後天的なのかは不明だが、本当にややこしいヒトたちの集まりなんだな、と改めて実感した。そもそも中居自身が挙げた“結婚に求める3カ条”自体、相当屈折している。

 

今、40代になっても結婚できない男性が増えているという。そこには「これまで出会いが全然なかった」以外のもっと深刻な原因が、本人にかならずあるはずだ。もしかして(キムタクを除く)SMAPとはアイドルだから結婚しないのではなく、単にそういうなんらかの“致命的なダメさ”を持った男たちの集まりなのかもしれない。そして、そんな欠落感こそが、芸能界では“才能”と評価されるのだ。つくづく偏った世界ではないか。