人気歌手のビヨンセがニッキー・ミナージュとコラボし、新曲『Feeling Myself』を発表。ミュージックビデオが定額制音楽ストリーミング・サービス「TIDAL」で独占公開されると同時に、ビデオ中のビヨンセの行動が波紋を呼び、世界中から批判や失望の声が上がっているらしい。

 

問題の場面はジャクジーの中にいるビヨンセが、ドヤ顔でシャンパン(正確にはスパークリングワイン)の中身をプールに注いでいる箇所。『E! News』によると、シャンパンを無駄にしたということもさることながら、銘柄が「アルマンドブリニャック」であることが“ひんしゅくの種”だったみたいだ。

 

高級スパークリングワイン「アルマンドブリニャック」は300ドル(3万6000円)くらいの値段からあるそうだが、高いものになると数万ドル(数百万円)するそうで、撮影で実際に使われたものがどのクラスだったのか、そもそもジャクジーに流しているボトルの中身が本物だったのかさえも不明だが、ネット上では以下のようなコメントが殺到しているのだという。

 

「ビヨンセが私の大学の学費分をジャクジーに流し入れた」

 

「たった1000ドル(約12万円)でも誰かの人生をひっくり返すことができるのに。大学進学とか、遂にランチにありつけるとかね。だからビヨンセが1本2万ドルのお酒をプールに注いだことは、私にとって顔を叩かれたような打撃よ」

 

「1本2万ドルのシャンペンをジャクジーに注いだビヨンセに正直、感心しない。飢えに苦しむ人やホームレスの人がいるのに」

 

みんな、ビヨンセが嫌いなの……?

 

私は大好きだ。あの生々しくエロティックなダンスとコスチュームはヘタな無修正動画よりもよっぽどヌケるし、黒人歌手ならではの声の太さにロリータ的なファニーさが同居するノドもなかなか稀で魅力的、だと思う。

 

しかも素朴さではなく、ハリウッドセレブ的なゴージャス感で売っているアーティストなんだから、今さら高級シャンパン(正確にはスパークリングワイン)のジャグジーに浸かろうが札束で糞を拭こうが別にかまわないではないか。ましてや、あくまで“演出”、“仕事”なんだから。