さらに別のネットサイトでは、

 

・人よりセックスの回数が多いのではと不安がある
・何か失敗したり落ち込んだ時、風俗に足が向いてしまう
・終えた瞬間虚しさや自己嫌悪、後悔の念に襲われる
・性欲を感じていないのにセックスやマスターベーションをよくする
・セックスをしている時だけ「生きている」「愛されている」と実感できる
・不特定多数と性的関係をもつ経験がある
・初めて出会ったばかりでも性的関係を持ってしまうことが多い
・セックスをしている時に相手に征服感を感じる
・セックスの欲求が高まると自分をコントロールできなくなる
・こんな自分が大嫌いだ

 

何個心当たりがありましたか。2つ以上チェックが入ったらセックス依存症かもしれません。

 

とあった。どの項目かは言いたくないけど、軽く3~4個、下手すりゃ5個は“該当”している。つまり、私もセックス依存症である可能性が「かなり大?」ということだ。

 

しかし、一応今のところは日常生活に支障をきたすまでには到っていない。セックスしたくてもいつでもサセてくださる相手がいないから、原稿の〆切りをやぶってでもセックスに走ることはないし、風俗へ頻繁に通えるほどのお金もないから、とりあえずは自慰行為で我慢している、いや、できている。そりゃセックスは毎日でもむっちゃしたいですけど……。で、あらためて自問自答。これって本当に病気なのか?

 

仮に、風俗行きたさにアコムやプロミス以上のえげつないトコロでお金を借りはじめたり、「ミニにタコ」と盗撮に手を出したり、痴漢やレイプへの衝動が抑えられなくなったとき、ようやくおのれを“症”と認識し、病院通いを決意したい。