3月から4月にかけて、様々なメディアでPTA批判やPTAのネタが炎上したりして盛り上がっていましたが、そろそろ皆さんクラス役員が決まり、本部役員内定がでて6月の総会を待つばかり。

 

そんな先日、TwitterのタイムラインにRTで流れてきた記事。

 

なぜ母親なら“くだらない集まり”に出られるのか

 

会社なのに爆笑してしまいました。やっとネットで落ち着いてきた中で、このツッコミ。

 

実は、昨年度息子の中学のPTAクラス委員の学級代表と、ついでに学年副代表をやってみたので、父親から見たPTA【ただし私の観測範囲】を書いてみようかなぁと。

 

■学級代表になった経緯
息子は色々あって、キリスト系私立中高一貫校に行くことになりました。

 

キリスト教系なので、入学式から、奉仕の精神を校長やチャプレン(聖職者の先生)が述べているような学校です。

 

最初の保護者会で、やはりPTAのクラス委員を決めるわけですが、あれだけ、「奉仕」の精神を謳っていたのですが、誰一人手を上げず。

 

決まらないと保護者会を解散できないというので、

 

「学級代表って基本的に土曜日だけですよね?」

 

と先生に念押しして、学級代表になりました。

 

さすがにパパが学級代表になったので、その後はスムーズに各クラス委員が決まりました。

 

学年副代表になったのもとりあえず、役職が増えると学校に行く機会が増えるのであえて積極的にやってみることにしました。