奈良県桜井市。人口59,316人。高齢化率(65歳以上の人口)27.9%のこの街に半分農業をし、半分理学療法士をするという「半農半療法士」を自称する若者がいる(※人口データ等は、桜井市役所総務部市民課による平成27年3月31日集計に準ずる)。

 

若者の名は、中川征士さん(23)。

 

理学療法士について御存知ではない方もいるだろうから補足するが、理学療法士とは、病院や介護施設、もしくは居宅訪問などで、対象者の身体状態を評価し、「医学的リハビリテーション」と称される動作訓練や生活動作の助言などをする仕事だ。

 

その理学療法士が放置耕作地を借りて開墾し、農業を始めている。普通に聞けば「余暇としてやっているんだろう」としか思わないだろうが、この「半農半療法士」の活動は、昨年11月11日に行われた「なら介護の日2014」にて、奈良介護大賞を受賞した。

 

奈良介護大賞 中川さんら - 6団体2個人に/あたたか介護賞

 

この活動が評価されたのは何故だろうか? 少しひも解いてみよう。

 

中川さんは放置耕作地を借りて開墾を始めたのだが、そこで農業をするだけでなく、地域にいる農業知識を持った高齢者に教えを請い協力を頼んだ。その一方で畑をサロン化し近隣に住む高齢者との交流の場とすることで、竹細工作りや収穫した作物を使った交流なども実施。

 

時には子供たちにも呼びかけ、自然体験を提供している。そうしたコミュニティを形成していき、少しずつ健康情報の発信をしているそうだ。農業を通じたコミュニティの築き方は顔がみえ、実に自然で有機的である。

 

しかし、この活動がなぜ注目されたのだろう?