お悩みQ&Aサイト『ママスマ』が、子供236名(92%が3歳以下)を対象に、習い事についての調査を行いました。

 

「習い事は何歳から始めていますか?」の問いに対し、1歳未満と答えた方がなんと28%! そして1歳代が11%、2歳代も11%、3歳代が30%、4歳代が11%、5歳代が0%、6歳以上が9%という結果に。この調査では、0歳で習い事デビューした子が4分の1、習い事の低年齢化が着実に進んでいるのが分かります。

 

ではなぜ小さいうちから習い事なのか? それはやはり「子供の可能性を広げてあげたい」という親の思いからでしょう。現在、プロとして活躍する方々を見ても、幼少期からスタートしているケースは多いもの。例えば、フィギュアスケートの浅田真央さんがアイススケートを始めたのは5歳、卓球の福原愛さんは3歳、ピアニストの辻井伸行さんは2歳からピアノをはじめ、4歳のときには人前でピアノを弾いていたそうです。

 

こういう話を聞くと、親は刺激を受けますよね。「早いうちから、よりよい経験を」という思いで、習い事の低年齢化が進むのも分かります。ただ、ここで挙げたのは、究極に極めた人たち。3歳で始めたからといって、だれもがプロになれるわけではありません。でもプロにならずとも意味があるのが習い事の魅力なんです。

 

習い事が子供の将来に与える様々な影響には、こんなことが分かっています。以前、この記事「子どもの思いやり度を30倍アップする音楽活用法」にも書きましたが、音楽には、向社会性、協調性、問題解決力を育てる効果があることが分かっています。また、そろばんをやると集中力や持続力がアップするというのもよく聞く話ですよね。

 

もちろん腰かけ程度では、将来に残るものはないでしょうが、プロにならなくとも、習い事には意味があるのです。向社会性、協調性、問題解決力、集中力、持続力、いずれも、親がこうなって欲しいと我が子に願う資質ばかり! 真剣に取り組めば、子供の心にポジティブな影響が期待できるんですね。

 

ちなみに筆者は、幼少時、オルガン教室に通っていましたが、途中であっさりとやめてしまい、今日にその残存はなし……。しかし、そろばんはなんとかコツコツと続けたおかげで、やめて30年以上経つ今でも、スーパーのかごの中の計算くらいはできます。集中力もソコソコある方なのではないかな……?