■キリンビールがクラフトビール店を立ち上げ
2015年4月17日(金)、代官山の東急東横線跡地に『LOG ROAD DAIKANYAMA(ログロード代官山)』がオープン。全長220mの緑にあふれた細長い敷地に5つのお店が点在し、散歩気分で楽しめる心地良い商業施設だ。

 

その目玉の一つが、代官山駅から最も近い場所にできる『SPRING VALLEY BREWERY TOKYO(スプリングバレーブルワリー東京)』。これはなんと店内で造ったクラフトビールを飲ませるオールデイダイニングだ。

 

f:id:shinternet:20150419020641j:plain

 

現在、空前のクラフトビールブームなわけだが、そもそもクラフトビールとは、シンプルに言うと、大手ビール会社とは一線を画し、小さな醸造所(ブルワリー)がクラフトマンシップを発揮し、こだわって小ロットで造るビールのことだ。消費者の立場で更に乱暴に言うと、従来からの大手のビールは喉越しが爽快なラガービール(ピルスナー)だが、クラフトビールはホップを強く効かせるなど味わいが個性的で、大量に飲むというより味わって飲むエールビール(もちろんラガーもある。あくまでざっくりとした説明)。

 

つまり、大手ビールとは真逆のクラフトビールだが、このスプリングバレーブルワリー東京はなんと大手のキリンビールが運営するというから驚く。

 

ちなみにクラフトビールのシェアがどれくらいあるかと言うと、ビール系飲料(ビール・発泡酒・新ジャンル)全体において出荷ベースでわずか0.4~0.5%、金額ベースでも1%程度。ブームと言っても実際はとても小さい数字。

 

しかし、クラフトビール先進国であるアメリカでは、クラフトビールのシェアが出荷ベースで7.8%、金額ベースで14.3%とずっと高い。

 

ビール類全体の市場は、課税出荷数量が10年連続のマイナスという右肩下がりなので、大手が伸びしろのあるクラフトビールに注目するのは理解できる。それゆえ各社がクラフトビール的こだわり商品を投入し始めているが、最も思い切ったのがキリンビールというわけだ。

 

同社のクラフトビール関連の流れを記すと、2014年7月、クラフトビールブランド「SPRING VALLEY BREWERY(スプリングバレーブルワリー)」の立ち上げが発表され、第一弾商品「SPRING VALLEY BREWERY 496」(プロトタイプ品)の予約受注を数量限定で開始(発送は9月末)。2014年9月、星野リゾートの子会社であり、クラフトビール最大手である「よなよなエール」で知られるヤッホー・ブルーイングと業務・資本提携。2015年3月に、代官山に先行して、キリンビール横浜工場内に「スプリングバレーブルワリー」オープン。そして、今回のオープンとなった。

 

キリンビールはかつては磐石の王者だったが、2001年にアサヒビールに首位を奪われ、2009年に奪回したものの、ここ5年はアサヒビールに再びシェアトップを奪われている。また、2014年度は大手4社の中で唯一の前年比減となってしまった。そうした中でのこのクラフトビールプロジェクトなわけだが、元々キリンビールは日本におけるビールのパイオニアだ。「キリンビール」という商品はジャパン・ブルワリー社により生み出されたビールだが、その前身と言えるのが、1870年にノルウェー人醸造家ウィリアム・コープランドによって横浜に造られた醸造所「スプリングバレーブルワリー」。つまり今回は、自社の元始であるブルワリーの名前を用いており、原点に立ち返る強い意気込みが伺える。