新入社員のみなさん、始まったばかりの会社生活はいかがですか。きっと緊張と戸惑いの日々を過ごしているかと存じます。社会人2年目、3年目の若人のみなさんも、気持ちも新たにますます張り切っていることでしょう。

 

そんな前途洋々たるみなさんが、先輩や上司から知らないうちに「こいつダメだ」というレッテルを貼られてしまわないように、また、心得違いをしているとしたら早めに気づけるように、口にしないほうがいい5つのフレーズをあげてみました。まずはご覧ください。

 

【口にしないほうがいい5つのフレーズ】

1.「自分はホメられて伸びるタイプなんです」

2.「今、ちょうどやろうと思っていたところでした」

3.「経済学者の○○も言っていますが~」

4.「この先、世の中はどんどん悪くなる一方ですよね」

5.「うどんはやっぱりコシが命ですよね」

 

それぞれ、どういう理由で「こいつダメだ」という印象を与えてしまうのか、簡単にご説明しましょう。

 

■1.「自分はホメられて伸びるタイプなんです」

だから厳しい指導ではなく、おだてる指導をしろと言っているわけです。「自称・ホメられて伸びるタイプ」は、ホメられて付け上がることはあっても、伸びた試しはありません。この言葉を口にした途端、ぬるい覚悟で仕事をしていることや、指導してもらっているくせに相手のやり方に注文を付ける図々しさ、そして、そのことに気づかない愚鈍さや未熟さを露呈してしまいます。ちゃんと叱ってもらえるありがたさを自覚しましょう。

 

■2.「今、ちょうどやろうと思っていたところでした」

お前は宿題はやったのとお母さんに言われた小学生か! 本当に「ちょうどやろうと思っていた」としても、こう言ってはいけません。姑息な言い訳がましさが強調されるだけです。「申し訳ありません。急いでやります」と返すか、あるいはやっていない理由があるならそれをきちんと説明しましょう。連絡をサボっていた相手から連絡が来て、あわてて「今、連絡しようと思っていたところでした」と答えるのも余計に印象を悪くする対応です。