先日、フジテレビの「バイキング」という番組で、面白いランキングを紹介していました。「子どもが賢くならない親のNG行動トップ10」というランキングです。いくつかの塾にアンケートを取ったものを集計した結果のようです(その中に私の知り合いの塾があって、塾長も出演していました……)。このランキングの内容を見ていて、総じてその通りだと感じましたので、多くの保護者の方に見ていただきたく、この場で共有させていただきます。

 

■子どもが賢くならない親のNG行動トップ10(フジテレビ「バイキング」より)

1.テスト等の結果だけで評価する
2.子どもの過去を責める
3.人前で「うちの子はダメ」と言う
4.ご褒美でやる気を出させる
5.「宿題やったの?」と確認する
6.習い事を止めさせる
7.単語での会話を許している
8.入試で不合格になった時などに子ども以上に落ち込む
9.父親が母親を責める
10.自分ができなかった目標を子どもに背負わせる

 

「子どもが賢くならない」と言うよりも、「子どもがダメになる」と言い換えてもいいと思います。塾の講師としてはもちろん、心理カウンセラーの立場で見ても、ほとんどが理に適った項目です。

 

皆さんいかがでしたでしょうか。10個のうちいくつ当てはまったでしょうか?

 

1つも当てはまらないという方はほとんどいないはずです。2~3個当てはまる方が多いのではないかと思います。半分以上だと注意信号、7~8個以上当てはまる方はすぐにでもお子様との関係・日々のやり取りを見直すことをお勧めします。

 

ではどうすればいいのかと言うと、この10個の項目の逆のことを意識して子どもと接すればいいわけです。あえてそれを列挙してみます。