遺伝子を自由に改変させた子ども、いわゆる「デザイナーベビー」は多くのSFで登場しますが、あくまでフィクションであり、理論上は可能かもしれないという程度の認識でした。ところが、新たな遺伝子改変技術「ゲノム編集」によって、一気に現実味を帯びています。すでに、一部の研究機関や企業ではヒトの精子や卵子、あるいは受精卵の遺伝子改変を視野に入れて研究していることを海外のニュースサイトが報じ、科学雑誌を巻き込んだ論争となっています。

 

■完璧な赤ちゃんを設計する

事の発端は、マサチューセッツ工科大学が運営する「MIT Technology Review」というニュースサイトです。このサイトでは、科学技術に関する最新の動向や、それがもたらす将来的な課題を紹介しています。3月5日に紹介された記事は「Engineering the Perfect Baby(完璧な赤ちゃんを設計する)」です。

 

Engineering the Perfect Baby Scientists are developing ways to edit the DNA of tomorrow’s children. Should they stop before it’s too late?

(完璧な赤ちゃんを設計する 科学者は明日の子どもたちのDNAを編集する手法を開発中 手遅れになる前に止めるべきか)

 

以前から、遺伝子治療などで遺伝子の一部を書き換えることはできていました。しかし、多くの場合はウイルスを使うため、狙ったところ以外の遺伝子にも影響を与える可能性が多く、実際に遺伝子治療を受けた患者の中には新規に白血病を発症した人もいます(直接の因果関係は不明ですが)。

 

ところが、数年前に登場した「ゲノム編集」は、はるかに正確に、より簡単に遺伝子を改変できます。カリフォルニア大学のJennifer Doudna氏は「分子生物学のスキルと知識を持つ科学者なら誰でもできる」くらい簡単であると述べています。また、これまでは難しかった1塩基レベルの編集も可能です。

 

実際にゲノム編集は、基礎研究の分野では広く使われており、難病を治療できる可能性を秘めています。酸素をうまく運べない鎌状赤血球症や、免疫不全を引き起こすエイズを治療できる可能性を示す論文も出ています。

 

CRISPR/Cas9 systems targeting β-globin and CCR5 genes have substantial off-target activity

 

RNA-directed gene editing specifically eradicates latent and prevents new HIV-1 infection

 

これらの論文で目的としているのは、ゲノム編集した造血幹細胞や免疫細胞を静脈注射して病気を治すというものです。この場合、精子や卵子といった生殖細胞には一切影響を与えません。つまり、ゲノム編集による影響はその人だけ、ということです。