長年住んだフランスを離れ、隣々国のオランダに越してきて半年。わずか電車で3時間の距離ながら、色々なことが違うなぁと感じる今日この頃。「パリ」という響きに魅了されているのは日本人だけではなく、オランダも同じ。「だってパリだもの」と世界中の人々を納得させてしまう魅力がパリにはあるんです。今回離れてみて、改めてそう感じました。ひと言でいえば、彩り。生活の彩りが違うんです。

 

パリの素敵なところはたくさんありますが、今日は「子供の習い事」というちょっと変わった切り口でその魅力を探ってみたいと思います。なぜなら、パリの日常にあふれている彩りは、幼少時から磨かれるセンスによるものでは?と思ったから。

 

まずは、王道の習い事ベスト3から。今回、これを書くにあたり、現地の知り合いに今の様子を聞いてみると、ほぼ共通した回答が得られました。

 

■パリで人気の習い事ベスト3
・男の子:サッカー、テニス、柔道(日本の武道は大変な人気なのです)
・女の子:ダンス(クラッシックバレエ、モダンジャズ)、テニス、ピアノ

 

確かに、サッカー、テニス、バレエなどはフランスっぽい。でも“彩り”とはちょっと違う……。さらにパリらしい習い事を聞いてみると、出てくる、出てくる! 乗馬、楽器(バイオリンetc)、テアトル(演劇)、アート(絵画、プラスチックアートetc)、有名パティスリーのお菓子教室などなど。

 

ちなみに、フィリップ コンティシーニ氏のお店、ラ・パティスリー・デ・レーヴのお菓子教室。

 

LA PÂTISSERIE DES RÊVES

 

あのルーブル美術館も、実は単発のアトリエをたくさん開催しています。大人向けコース、子供向けコース、そしてジャンルもデッサン、絵画、彫刻などなどバラエティー豊か。

 

Ateliers adultes et enfants

 

我が家が在住時も、子供が学校の郊外学習で、オルセー美術館やゴッホのアトリエで絵を描いてきたことがありました。小さい頃からホンモノに触れさせる、これぞパリのようです。