先日、死後の世界について取り上げたテレビ番組がありました。死後の世界というと、何かの宗教と関連付けされたり、眉ツバなイメージがありますが、なんでも科学的に研究している研究者が大勢いるのだそう。

 

つい100年前まで遺伝子の存在すら知られていませんでした。つまり、最近まで、現在では当たり前のことが解明されていなかったのです。確かに、そのような意味で、カルト的にとらえられがちな死後の世界も、数十年後には誰もが知っている……。そんな時代が来るかもしれませんね。

 

そこで、本日は、現在、研究が進められている死後の世界についてご紹介したいと思います。

 

■死後も脳は活動を続けている説

AFP BB NEWS「肉体的な死後も『意識』はあるか、研究」によると、人間の脳は肉体的な死を迎えた後も活動を続けている可能性があるとのこと。英サウサンプトン大学の研究チームが行った調査によると、心肺停止後に蘇生した330人への聞き取り調査を行った結果、39%の被験者が心肺活動が復活するまでの「死後」の時間に意識があったという驚きの結果が導き出されたのだそう。

 

以前は、心肺停止から20~30秒で脳の機能も停止してしまうと考えられてきました。しかし、どうも、人は心臓が停止してからすぐに脳死を迎える訳ではないらしいのです。

 

また、ある研究によると、人間は心肺が停止してから数時間は「冬眠状態」におかれ、意識だけが残り続けるという報告もあるのです。

 

丹波哲郎の映画、『丹波哲郎の大霊界 死んだらどうなる』ではありませんが、死後、お花畑が広がっていて、生前親しかった人に出会う……。そんな夢物語のような話も、実は脳の活動が続いている結果、生み出しているものかもしれないですね。