常磐線特急E657系

 

2015年3月14日、上野東京ラインが開業し、東海道本線と東北本線(通称「宇都宮線」)、高崎線、常磐線との直通運転が始まる。今まで首都圏北部から横浜方面に向かう場合、上野が終点だったから、京浜東北線や山手線に乗り換えて、再び東京駅から東海道本線に乗り換えるという面倒な手順が必要だった。それが乗り換えなしで都心を縦断できるわけだから、利便性は大幅に向上する。

 

従来も、大宮方面からは湘南新宿ラインがあり、池袋、新宿、渋谷を経由して横浜方面とつながっていた。今回、さらに、上野、東京、品川、川崎を経由して横浜方面へ行くことができ、大宮方面と横浜方面の行き来なら、2つのルートが選べるようになった。両者を比べてみると、上野東京ラインの方が4分程短縮となり、急ぐなら上野東京ラインを選んだほうがよいといえる。

 

利便性向上となる半面、今まで東京駅から東海道本線に乗る場合、1本電車をやりすごせば座れる確率は高かったのに、これからは始発電車ではないため、座れる確率が低くなるという懸念もある。同じことは上野駅から高崎線、東北本線(通称「宇都宮線」)に乗る場合にもあてはまり、ある程度の距離を移動するなら、グリーン車を選ぶ人が増えるかもしれない。

 

■常磐線にはできて、東海道線にはできないこと

上野東京ラインを上野駅ホームから見る

 

ところで、上野方面から東海道本線に乗り入れるのは、高崎線、東北本線のほか、常磐線もある。常磐線の運行ダイヤがどう変わるのか、新しい時刻表をチェックしてみると、高崎線や東北本線とは異なるダイヤが組まれていることに気がつく。つまり、東京駅方面へ直通するといっても、すべて品川止まりであり、川崎、横浜方面へは行かないのだ。

 

まず、朝の通勤時間帯であるが、取手始発と成田線を経由して我孫子から常磐線に乗り入れる成田始発の電車の5本だけが品川へ直通する。車両はすべてロングシートのいわゆる通勤型タイプで、グリーン車は付いていない。

 

データイムになると、取手以遠の交流電化区間からやってくる交直両用電車を使用した中距離電車が品川まで乗り入れる。車両は一部クロスシートがあり、2階建てグリーン車も2両連結した編成だ。また、特急列車もかなりの本数が品川まで直通する。

 

夕方以降は、取手以遠へ向かう中距離電車が1本ある以外は朝同様取手行きと成田行きが主である。また、特急列車は何本かが品川発となる。