■意外に後回しにしてしまっている「本当にやりたいこと」

よく社会人や大学生のキャリアの相談に乗っていると「自分が本当にやりたいことがわかりません」と言われることがある。しかし実は自分では気づいているけど何かしらの理由で「後回し」にしてしまっていることも多いのではないかと感じる。

 

多くの人は自分の「本当にやりたいこと」がいつか天の声のように急に降ってくると思っているのかもしれないが、決してそんなことはなく、実はもう既に自分の中にあるがそれに気付けていないだけなのだ。

 

私は一応研修講師であり、かつ研修プログラム開発のプロでもあるので、そんな自分の中に眠っている「本当にやりたいこと」に自分自身で気づくセルフワークを作って自分でも実践してみた。

 

■寝る前に布団の中で出来る「人生最後の日ワーク」

やり方はとっても簡単。

 

まず夕食を食べたら、お風呂にゆっくりと入り(ぬるま湯で長めに入るのがオススメ)、テレビを見たり本を読んでリラックスして過ごす。そしてちょっと眠くなってきたなぁというところで布団に入る(眠くなってから布団に入るのがポイント)。

 

ここからがワークのスタート。

 

■1.人生最後の日をイメージする

まず縁起でもないのだが、今日が自分にとって「人生最後の日」だと思い込む。

 

要はこの布団に入って眠りについたら自分の今までの人生のストーリーはお終い。きっと多くの人が80歳くらいまでは生きるつもりでいるので残念かもしれないが、今の年齢で自分の人生は終了すると仮定しよう。

 

その時にぜひ自分の年齢の年数と一緒に、労いと感謝の気持ちを自分に伝えよう。私は今32歳なので「32年間お疲れさまでした! ありがとう!」と心の中で言い聞かせた。すると先ほどの残念でブルーな気持ちよりも、今までお世話になった人の顔と共にどこか温かい感謝の気持ちが湧いてくる。