出身の都道府県別に、その人の性格や嗜好の傾向を示す「県民性」というものがあります。最近では、テレビのバラエティ番組や情報番組で取り上げられることも多く、話題となっています。

 

県民性はあくまで、その人の育った環境や気候などさまざまな要素で培われるものであって、その人がもって生まれた性格にプラスされるものですから、そういった傾向もある……といったところなのかもしれません。

 

以前、「なぜ沖縄県が高くて、新潟県が低い? 離婚率と県民性の“なるほど~”な関係」というテーマでも、離婚率と県民性についての関連例について取り上げました。では、「不倫」や「浮気」についてもこうした県民性と何か関連性があるのでしょうか。

 

まず、「不倫」というキーワードで探ってみると、「不倫経験者率」というデータがありました。全国平均が23.3%という結果にも驚きますが、その平均を大きく上回って1位となったのは岩手県で、32.8%だそうです。ちなみに、2位が島根県で30.8%、3位は高知県で28.0%です。逆に最も低かった愛媛県では16.6%ですから、1位の岩手県の半分でしかありません。都道府県によってこれほど違うというのは、やはり県民性と不倫には関連性があるのかもしれません。

 

岩手県の32.8%というと、ほぼ3人に1人が不倫を経験していることになります。岩手県の男性の県民性については、内陸北部の人は真面目で自分のことをあまり話したがらない、内陸南部の人は内面にみなぎる情熱を秘めている、沿岸部の人はおおらかで細かいことを気にしない、という傾向があるそうです。一方、岩手県の女性の県民性については、内陸北部の人は控えめ、内陸南部の人は行動的で奔放な性格、沿岸部の人は社交的で誰とでも話を合わせることができる、という傾向があるそうです。面積の広い県ということもあって、同じ県でも住んでいる地域で性格も結構違うようですね。内陸北部の男女は、一般的な不倫や浮気をするイメージとは少し違ってはいるようですが、そのほかの地域は、「情熱」「おおらか」「行動的」「奔放」など、不倫や浮気のイメージにつながりやすいキーワードが並んでいます。