これはある会社で聞いた話ですが、もともとはシステム開発部門の部長だった人が、あるプロジェクトを大失敗させて部長降格になったそうです。その人はその後管理系の部門に異動し、そこで徐々に実績を認められて部長職に返り咲き、その後もさらに評価を高めて執行役員を務めるまでになったそうです。

 

これはまさに“敗者復活”といえるように思いますが、こうなるには本人の努力だけでなく、周りもその人を見捨てずに、環境や役割を変えるなどしてチャンスを与え続けたからということがあると思います。

 

“敗者復活”は、本人の努力だけではなかなか難しいことだと思います。それが可能な環境や、周りから何らかの後押しが必要だと思います。人が人を評価する限り、初めの印象が強く作用することは避けられませんが、これが固定化することで、本当は育つかもしれない可能性の芽を摘んでいるかもしれません。それは社会においても企業においても、あまり好ましいことではないと思います。

 

「“敗者復活”ができる環境作り」。簡単にできそうにはありませんが、取り組んでいかなければならないテーマではないでしょうか。