好きな人と距離を縮めるにはどうしたらよいか、悩んでいませんか?

 

「お互い平日は忙しくて会う時間がない」という悩みを抱える人も多いことでしょう。しかし、恋愛は彼と一緒にいる時間の長さではありません。限られた時間をできるだけ楽しいものとし、彼にあなたを印象づけることが大切です。今回は、彼との距離をぐっと縮めることができる魔法の言葉を紹介します。

 

■1.「さすが○○さん」

褒められて嬉しくない人はいません。褒め言葉は人の自尊心を満たします。そして、人は、褒めてくれた相手のことを好きになります。

 

もっとも、むやみにほめるとただのお世辞に聞こえて、却って警戒されるおそれもあります。一番効果的なのは、彼の大切にしているところを褒めることです。そうすることで、あなたが彼を理解しているということを印象づけることができます。

 

そして、できれば、直接会って話しているときにさり気なく褒めるのが良いでしょう。不自然な褒め方は違和感を与えます。もし、相手との距離感や地理的事情からして直接褒めることが難しいようであれば、他人を通じて間接的に褒めたり、メールやチャットを活用する手もあります。

 

■2.「あなただけ」「あなただから」

人は皆、自分が特別扱いされていると感じると嬉しくなる生き物です。とはいえ、何の脈絡もなく、突然こんな言葉を言われたら、相手もビックリするでしょう。そこで、おススメの使い方は、あなたが彼に軽い悩みを相談し、その際に言ってみることです。そもそも、人は自分を頼りにしてくる相手を嫌いにはなれないという性質をもつ生き物です。相談をすることは、自分の弱い部分を相手にさらけ出すことです。頼られると男性は嬉しいものです。

 

なお、相談する際は、知ったかぶりをしたり、自分を大きく見せようとしたりはせず、素直に明るく話しましょう。そして、あくまで、「自分自身の」「軽い」悩みを話題にするのがポイントです。

 

他人の話題を持ち出すと余計な誤解を受けることがありますし、関係が浅いうちに転職や家族関係などの深刻な悩みを持ちかけると、却って怖がられることもあり得ます。

 

適切な話題の例は、仕事の効率化や勉強方法です。こういったトピックであれば、ネタに困りません。しかも、「知的で努力している女性」という印象を与えられます。「こんなこと相談できるの、あなただけよ」、「あなただから相談するの」と言われたら、彼もドキドキすること間違いありません。