前回の記事で、動画投稿サイトについて、どういった場合に著作権侵害になるかを見ていきました。

 

YouTubeやニコニコ動画などで投稿動画に好きな楽曲をBGM使用するのは合法!?

 

では、実際に動画投稿サイトに、著作権侵害コンテンツを投稿してしまった場合には、どういったペナルティが考えられるのでしょうか。

 

■Youtubeなどの動画投稿サイトからの削除

これまでのブログ記事でも記載したように、現在コンテンツホルダー側も、著作権侵害については、かなり敏感になっています。Youtubeなどの動画投稿サイトには、著作権侵害コンテンツの通報フォームがあるので、著作権侵害の動画は、すぐに削除される場合があります。

 

参考記事:Youtube著作権侵害動画の削除申請手順

 

著作権を侵害された動画投稿された場合には、著作権者の方は、動画投稿サイトに通報することも検討しましょう。