■違法コンテンツをダウンロードすると、刑事罰

他人のコンテンツをパクることは著作権侵害になることは、お分かりの方も多いはず。では、そのような違法コンテンツを受け取る側も、罪となってしまうことをご存知でしょうか?

 

なんと、違法コンテンツをダウンロードをすると……2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、あるいはその両方が科せられるのです。

 

●違法ダウンロードとは……!?

違法ダウンロードとは「違法にアップロードされている動画や音声の著作物を、違法なものと知りながらダウンロードする行為」のこと。

 

そして、その中でも刑事罰の対象となるのは「違法にアップロードされた有償著作物だと知りながら、ダウンロードする行為」とされているのです。

 

●有償著作物とは……!?

著作権法上、「有償著作物」とは、「録音または録画された著作物であり、なおかつ有償で公衆に提供されているもの」とされています。簡単にいうと、本来はお金を払わないといけないコンテンツのこと。

 

なので……YouTubeなどの動画投稿サイトに無断でアップロードされている曲やミュージックビデオなどをダウンロードする行為は、違法となるのです!

 

■違法コンテンツを見るだけも違法!?

では、YouTubeなどの動画投稿サイトで、違法コンテンツを見るだけでも違法となるのでしょうか?

 

そもそも、上記のダウンロードとは、インターネット上から自分のパソコンやスマホなどにファイルをコピー(複製)すること。なので、閲覧するだけであれば、著作権侵害には該当しないとされています。

 

また、違法コンテンツの中でも、有償著作物をダウンロードした場合に、違法となりますので、無償で提供されているものについては、ダウンロードしても刑事罰の対象にはならないのです。