ブランド物の時計やバッグは、本体の製造コストの他に「ブランド料」みたいなものが上乗せされている、ということは皆さん何となく認識していると思う。しかし自動車業界の場合、少なくとも日本車に関して言えば製造コストに見合う、正直な価格設定をしてきた。ライバル車より極端に高い価格を付けてもユーザーの理解を得られなかった、と言い換えても良かろう。

 

同じクラスのトヨタ車より100万円程度高い価格を付けて販売しているレクサスも、今まで「コストに見合った価格を付けている」と思われていた次第。「トヨタより優れた部品を使っているから高い」という理解です。というかレクサス自身、そういう主張をしてきた。ところが、である。ここにきて「もしかしたらブランド料を上乗せしてるんじゃないか?」と思われる状況になってきた。

 

日産はアメリカだとレクサスと並ぶ高級車部門『インフィニティ』で販売している『インフィニティQ70』を日本で『フーガ』として売り始めたのだけれど、何と! レクサスより110万円も安かったのだ。アメリカに於けるインフィニティQ70の価格は、レクサスGSとほぼ同じ。後述する通り、圧倒的に違う安全装備まで考えれば、金額差は150万円にもなってしまう。

 

参考までに書いておくと、フーガ370Gの502万4160円に対し、アメリカでほぼ同じ価格設定となるGS350は日本で612万9000円。ここまで読んで「装備など違うのではないか?」と思うかもしれない。スペック&装備表を見ると、むしろフーガ優位。エンジン出力GS350の318馬力。フーガ370GTだと333馬力。ナビだって両モデル共に標準装備するなど、フーガ負け無し。