@JUNP_Nです。先日、某テレビ番組でiPhoneの音声秘書機能Siriで「おみくじ」を引くことができると話題になりましたが、Siriができる隠れた機能は他にもあるのを知っていますか? そして便利なSiriは意外と危ないので、機能をオンにしている人は要注意です。

 

■「おみくじ」「早口言葉」「俳句」などSiriは意外と芸達者!

年始に話題になったSiriで「おみくじ」ができるという機能。実はこれ以外にもSiriには“できること”がたくさんあります。

 

メールの送信や音楽の検索、Twitter/Facebookへの投稿、アラームのセットなど、いわゆる標準的な機能はAppleのサイト(Apple – iOS 8 – Siri)で十分に説明がされていますが、隠された機能もあります。

 

関連:知らない機能がたくさん! Facebookで使うことができる隠し機能

 

その代表的なものが「おみくじ」です。これはSiriに「おみくじ」と言うだけ。他にも「早口言葉を教えて」と言うと、Siriが早口言葉を教えてくれます。

 

Siri secret 1

 

Siri secret 2

 

「サイコロ振って」と言えば、サイコロも振ってくれますし、「俳句を詠んで」と言えば、ちゃんと俳句を詠んでくれます。

 

Siri secret 3

 

Siri secret 4

 

Siriが反応する似たようなキーワードに「占って」というのもありますが、流石に占ってはくれまんせんでした。「なぞなぞ教えて」もダメ。

 

Siri secret 5

 

Siri secret 6

 

他にもSiriに告白してみたり、スティーブ・ジョブズのことを聞いてみたり、昨年末には「やりすぎ都市伝説スペシャル2014冬」でSiriに「イライザ」と聞いてみると……なんて話もありました。

 

参考:「イライザって誰?」Siriに聞いたら不思議な答えが返ってくるんだけど… – NAVER まとめ

 

そんなSiriですが、通常の設定のままにしておくのは少し危険です。