(ヒット!予感実感)使って納得 手洗い器つき小便器

 

先日、この記事を読んで、いい便器だなぁ、おしっこしたいなと思いました。小便器の上に手洗いが付き、手を洗った排水で小便も流すのです。まさに一石二鳥。一般の小便器は洗浄に水1~2リットルを使うが、この手洗い付き小便器は節水されて15%ほど少ないらしい。

 

西日本高速道路会社(NEXCO西日本)とTOTOの共同開発です。手洗い水を便器の洗浄に再利用する節水機能が評価され、エコプロダクツ大賞エコサービス部門の優秀賞を受賞しています。この手洗い付きエコ小便器は、今までに無かった形態と節水性能に注目が集まっていますが、実は公共トイレ空間全体に変化を起こす可能性が高いという話を展開したいと思います。

 

■このエコ小便器を使えば、トイレ空間のバリエーションが増える

この便器が設置されるのは、高速道路のサービスエリア等の公的施設や大規模商業施設です。この便器が普及すると、手洗い専用カウンターが必要なくなるので、同じトイレの面積なら、今まで手洗いカウンターのあった場所に小便器が増やせます。

 

また、手洗いカウンターが必要なくなるので、トイレスペース全体を小さくすることも可能になります。手洗いカウンターが必要なくなるので、ゆったりと広いトイレにすることもできるでしょう。この手洗い付きエコ小便器によって、手洗い専用カウンターが不要になることで、トイレ空間のバリエーションが増えるのは間違いありません。

 

■手洗い付きエコ小便器のデメリットは?

手洗い付きエコ小便器を設置した場合、考えられるデメリットは手を洗った後、手から水を切る時にしぶきが便器周辺に飛び散ることでしょう。しぶきは時間が経つと汚れになりますから、うまくしぶき汚れを処理しないと、この便器が普及しない要因になるかもしれません。

 

次は住宅用小便器の現状を考えてみましょう。