それならば、苦しいアルバイトを無理に続けず、新しいアルバイトにチャレンジしてみればいい。ただ、そのアルバイトに熟練しても、同じように将来役立たないかもしれない。しかし、色々な苦労をしたことはいずれ別の形で人生の糧になるかもしれません。

 

料亭に修行に入る料理人は、最初は皿洗いの雑用しかさせてもらえませんが、それを真面目に丁寧にこなし、信頼を勝ち取ることで、本当に学びたい業務に携わる未来があります。

 

安く長時間酷使されるバイトを続けることに未来はあるでしょうか。その業務に熟練することは将来役に立つでしょうか。そのことに早く気づき、少しでも不本意なアルバイトを続ける若者が減ることを望んでやみません。