年末年始、急激にCM数を増やし、累計ダウンロード数が250万件を突破したという「755(ナナゴーゴー)」。

 

著名人と話せるアプリ「755」がCM効果で250万ダウンロードに――最大のライバルは

 

芸能人と話せる!というキャッチフレーズで、ファン心理を上手くついたサービスであるが、当然、全ての発言に対し、返答が返ってくるわけではない。

 

実際は参加している芸能人の92%がユーザーの発言に何らかの返答をしているということらしい。それでも、あこがれの芸能人との距離感が縮まったと喜んでいる方も多いのではないだろうか?

 

さて、SNS疲れという言葉すら聞かれた今の日本において、この「755」はどういうポジションを作っていくのだろうか? 巷ではTwitterと変わらないといった声も聞かれているが、どうなのだろう?

 

芸能人と話せる!というのが、「755」の強みとしてでてきたわけだが、それだけで使い続けるという人は限られるだろう。やはり、一般人がコミュニケーションツールとして使う上での利用価値が重要になる。そこで、実際に使ってみて、一般人が発信者になる視点での「755」の利用価値について考えてみた。

 

■ポイントは不特定多数の人とのリアルタイムトーク
「755」には自分を中心とした個人トークと、トークテーマを決めてテーマに共感した参加者同士がトークする二つのパターンがある。

 

前者は、芸能人がやっているのと同様であり、Twitterのように一人でつぶやいたものに対し、周囲がコメント(やじコメ)を寄せるというもの。後者は、LINEのグループトークをイメージするとわかりやすい。

 

ただ、LINEの場合、自由参加で見知らぬ人とグループトークをすることはほとんどない。この点が大きな違いだろう。全国の見知らぬ人と同じテーマでリアルタイムで話す。ということが「755」ではできるのだ。例えば「ダンスの話しよう!」というテーマなら全国のダンス好きが集まってトークをするといった感じになる。

 

ちなみにTwitterではハッシュタグをつければ、同テーマで話すこともできるが、トークというのとは、また違う感じがする(完全な主観だが)。

 

あえて既存のサービスで比較するなら、インターネット掲示板とチャットの利点をうまくとりいれたもののように感じるのではないだろうか。