今年の冬も、インフルエンザが猛威をふるっています。いつ誰に、その魔の手が伸びてくるかはわかりません。インフルエンザだけでも苦しいのに、周囲の反応のせいで腹が立ったり悲しくなったりという余計な苦しみを背負わされるケースもあります。備えあれば憂いなし。けっこう横行している「インフルエンザ・ハラスメント」の対策を考えておきましょう。

 

会社を休ませてもらおうと上司に電話して、インフルエンザにかかったことを報告したとします。たいていの場合は「えっ、大丈夫? ゆっくり休んでね」「たいへんだね。お大事に」といったねぎらいや心配のセリフが返ってくるはず。もしかしたら内心では「うわー、まいったな」と思っているかもしれませんが、表面的にはあたたかい対応をするのが大人のやさしさであり、「ひどい人」と思われないための大人の配慮です。

 

しかし、いつも大人の対応をしてもらえるとは限りません。ウカツというか正直というかいろんな想像力が足りないというか、

 

「気合いが足りないからインフルエンザなんかになるんだ!」
「健康管理を怠るなんて、社会人としての自覚が足りない!」
「まったく、この忙しい時期に、何を考えてんだ!」

 

などなど、言われた側が耳を疑うような大人げないセリフを口にする人もいます。

 

もちろん、気合いだけでインフルエンザは防げないし、きちんと健康管理をしていてもかかるときはかかります。忙しい時期なのは重々承知ですが、こっちだって休みたくて休むわけではありません。明らかに理不尽なイチャモンで、激しく腹が立つし、そんなことを言ってしまう上司の下で働いていることが悲しく思えてきそうです。

 

しかし、残念ながら世の中には困った人がたくさんいるし、相手が常に自分が望むとおりの反応を期待するのも無理があります。降りかかった災難の被害を最小限に抑えるには、怒りの感情に支配されないことが大切。こうした明らかに相手に非があるケースでは、心の中で「クソ上司が!」「最低のヤツ!」と際限なく怒りをふくらませてしまいがちですが、その方向で精を出しても疲れるだけで何の実りもありません。

 

そこまで絵に描いたようなダメなセリフを口にしてしまう人は、遠慮なく笑ってしまいましょう。「よくまあ、そんな調子で恥ずかしくないもんだ」と呆れながら笑うもよし、「おお、ベタなセリフを聞いちゃった」とニヤニヤするもよし。あるいは「いい歳して、そんなふうにしか言えないなんて、むしろ気の毒な人かも」と同情してもかまいません。いままで怖い上司だと思って萎縮していたとしたら「なんだ、たいしたことない人だったんだ」と一種の見切りをつけて、新たな関係を築くきっかけにする手もあります。