今回オススメする書籍は、『アタマがみるみるシャープになる!! 脳の強化書』。実はこの本の中には脳を鍛えるための66のメニューが書かれている。まるでスポーツトレーニングの本のように。

 

著者の加藤先生は、脳について、ある“ユニークな考え方"を提唱されています。それは、「脳番地」という概念。脳は場所によって、そのはたらきが決まっています。例えば運動をするときには脳のてっぺんが、物を見るときには脳の後ろの部分が反応する……といった具合です。

 

「脳番地」とは、この「場所」と「はたらき」の関係を特定する考え方なのです。本書は、この「脳番地」を大きく8つのジャンルに分け、場所ごとにトレーニングしてみようというもの。トレーニングは全部で66メニュー。

 

自分は昨年1年間ボクシングのプロテストに向けてとにかく「体」を鍛えてきたので、2015年は「頭を鍛える」という目標をつくった。ただ「頭を鍛える」といっても、なんか「勉強する」とはちょっと違う感じがしていて。

 

でもこの本を読んで納得したのが、一般的に勉強は「記憶系」の脳を鍛えることが多い。でも実際には脳の中には色々な役割があって、さまざまな鍛える方法があるということ。

 

面白かったのは「ゲームにわざと負けてみる」や「褒めノートをつくる」など、確かに勉強ではないけど脳を使うなぁと思うものがたくさんあったこと。気軽に遊び感覚で始められそうだ。