おはようございます。笹田(@sasada_36)です。今日は営業マンの姿勢・考え方についてです。

 

あなたはできる営業マンとはどんな人を想像しますか? 人の良い人ですか? 笑顔の素敵な人ですか? 明るく元気な人ですか? もちろんどれも大事な要素です。しかし、営業マンはYESマンではダメなのです。笑顔で人当たりの良いだけでは、あなたが疲弊していくだけなのです。やめたほうが良いです。

 

どうせ営業で成果が出ないなら、いっそのこと腹黒くいきませんか?

 

今日の一つのキーワード。腹黒さです。笑顔の裏に潜む計算高い頭の中。できる営業マンは基本こうです。もし今、あなたが結果が出ていないと悩んでいるなら、いっそ腹黒くなってください。もっと愛想よく、心の底からお客様を信じるというのを、ちょっとやめてください。あなたがお客様を100%信じていたら、10%で良いのでお客様を疑っていただきたいのです。

 

私は全く納得していませんが、よく腹黒いよねと言われます。全く納得していません(笑)。けど、この腹黒さは実は大切。

 

■成果が出ない営業マンは相手を信じすぎている
なんで腹黒さが大切なのか? それは成果が出ない営業マンはお客様を信じすぎるからです。成果が出ない営業マンほど、お客様の言ったことを鵜呑みにして、だいたい失敗します。よくいるパターンが、良い感じで進むんだけど、最後の最後で取りこぼすタイプです。

 

お客様にとって、営業マンはたくさんいます。1つの悩みに対して、2・3人の人と会っているのが普通です。つまり、常に比較されているということです。そんな中で、打ち合わせで良い反応だったというのはあてにならないのです。なぜなら、あなたの打ち合わせ前後で他の営業マンと話しているかもしれないからです。もしかしたら、他社がもっと良い提案をしているかもしれません。他社がもっと安い提案をしているからもしれないのです。