平成27年1月より、70歳未満の方の高額療養費制度が改正されました。

 

高額療養費というのは、健康保険の制度で、同じ月に同じ医療機関で診療を受けた際に、一定以上の自己負担額になった場合に申請をすると、定められた自己負担限度額以上は返金されるという制度のことです。

 

なお、限度額適用認定証を事前に提出することで、自己負担限度額以上は支払わないという方法を取ることもできます。

 

さて、その自己負担限度額が変更となり、以下のようになりました。

 

【自己負担限度額】

・標準報酬月額83万円以上の人(区分ア)
 252,600円+(医療費総額-842,000円)×1%

 

・標準報酬月額53万円~79万円の人(区分イ)
 167,400円+(医療費総額-558,000円)×1%

 

・標準報酬月額28万円~50万円の人(区分ウ)
 80,100円+(医療費総額-267,000円)×1%

 

・標準報酬月額26万円以下の人(区分エ)
 57,600円

 

・市町村税の非課税者などの低所得者(区分オ)
 35,400円

 

昨年までは3区分だったのが、5区分になり、区分アやイといった収入の多い人の自己負担限度額が高くなり、区分エといった収入の少ない人の自己負担額が少なくなりました。

 

つまり、収入の多い人への補助が減り、収入の少ない人への補助が増えたというわけです。