コーヒーチェーン店であるスターバックスとドトールの違いをご存知だろうか?

 

スタバは高くて、ドトールは安い? まずは価格の違いが浮かぶだろう。

 

では、味はどうだろう? スタバは美味しくて、ドトールは美味しくない? そんなことはない。ドトールは、安くても充分に美味しい珈琲を提供している。

 

確かにスタバは、訓練を積んだバリスタが、こだわりを持って珈琲を淹れてくれる。その手間を考えると、価格が高くなるのは仕方がない。珈琲豆の品質面でも、スタバのこだわりは評価できる。

 

だが、客がその違いを本当にわかった上で、飲んでいるだろうか。

 

スタバのカップにドトールの珈琲を入れて、客に出してみれば、その答えはすぐにわかる。よほど舌が敏感で、スタバに心酔している人でもない限り、ドトールの珈琲だとは気づかない。

 

日常的にスタバを利用している人は、味の違いで判断してしまうので、「別のコーヒーだ」と言って、試してもらえば、違う店のものだとはわからない。

 

こうした実験は、過去に何度も行われているが、客の舌というものは、結構いい加減なものである。

 

プロであるバリスタがいて、お店も高級感があり、価格もそれなりに高いスタバを“美味しい珈琲店”と感じているだけなのである。感じた結果、「ゆったりとした空間で、本物の味を楽しみたい」と思う時に、スタバを利用している。