■専業主婦は怠け者!?
20年近く仕事で北陸に通っていますが、東京や大阪を含む他の地域と比べて非常に違う点があります。それは、取引先の女性の担当者がほとんど辞めない、ということです。

 

経験からお話しすると、他の地域で男性の場合、定年退職や死亡を除くと入社5年以上の社員の方の離職率は2割に満たない会社がほとんどです。逆に女性の場合は、転職も含め結婚、子育てなどの理由で9割以上の担当者が辞めていきます。私が入社以来ずっとおつきあいしている女性担当者は北陸以外では両手で数えるほどしかいません(男性は数百人にのぼります)。それだけに、北陸女性の職場定着率は少々異様なくらい高く映るのです。

 

もちろん彼女たちがみな独身で出産しないのではありません。

 

多くは子供をもつワーキングマザーで(だいたい2~3人のお子さんがいます)、出産後数か月の育児休暇を取り仕事に復帰。子育ては保育園と同居の祖父母に頼み、話を聞いていると平日の食事の支度も祖父母にお願いしていることも多いようです(祖父母は舅姑の場合と実の両親の場合と両方あります)。

 

特に福井では、昔から女性が外に出て働くことが美徳とされてきたため、祖父母世代も積極的に子育てを手伝うのが当たり前。逆に都市圏から結婚でやってきた女性が出産後仕事を辞めて専業主婦になると「あそこの嫁は怠け者」という評判が近所でたってしまう、という話まであるそうです。