■アジアで一番転職が多い日本女性
以前、経営者が転職を繰り返す人を雇いたくない理由を書きましたが、転職、特に女性の転職についてリクルートワークス研究所が重要な研究成果を公表しています。

 

この論文、萩原牧子氏の「彼らは本当に転職を繰り返すのか」は、アジア8か国と日米の20代、30代のビジネスマンの転職に関するアンケート結果をもとに書かれています。これによると、日本でもアジアでも、転職を繰り返す人は一部で、彼らが何度も転職を繰り返すために全体としての転職率が上がっている、という結果が出ています。日本は終身雇用制度があるけれど、海外では転職でステップアップが当たり前、という通説は実は間違っていて、海外でも転職をまったくしない、ほとんどしない人が多いことがわかります。

 

逆に注目すべきなのは、30代日本女性の転職率が調査対象国中最も高いことです。転職経験がまったくない人はわずか22%にとどまり、インド女性の50.4%、アメリカ女性の41.7%、韓国女性の39.4%と比べると約半分しかいません。また、転職を繰り返す人が多いタイ(25.4%)、インドネシア(24.1%)、マレーシア(27.9%)の女性と比べても日本女性の転職率の高さが目立ちます。

 

■転職で給料が下がっていく現実
転職の理由は何でしょうか?

 

発展途上国ではインフレ率が高いことが多いため、生活のために少しでも給料が高い会社に転職する人が絶えません。日本を除くアジア8か国とアメリカの転職理由の一番は「賃金への不満」で、インドの37.1%を筆頭に中国、タイ、マレーシア、インドネシア、ベトナムでほぼ30%前後、比較的割合が低いアメリカ(18.1%)や韓国(14.8%)と比べても、日本ではわずか5.1%にすぎず、突出して低くなっています。つまり、給与に不満がないのに転職する人が非常に多いということです。

 

逆に日本人の転職理由で多いのは、「人間関係への不満」(10.2%)です。他国は1.8%~5.2%ですから一番低い国の5倍、高い国とも2倍の開きがあります。

 

私が最も問題だと思うのは、他国では半数以上、特に中国女性では約85%が転職により給与が増えたと回答しているのに比べ、日本女性では転職して給与が10%以上減った人が平均で41.4%と非常に多く(10%以上給与が増えた人は28.3%)、特に転職2回目以上では増える人よりも減る人のほうが圧倒的に多くなることです。