子どもを預けてガッツリ働きたいと思っても、保育所は見つからない。子どもが小学生になっても学童保育などが整備されていない。子どもが病気になったら仕事を休まざるを得ない。介護が必要な親を預けたくても、預けられずに在宅で介護するべきと周りから言われる……などなど。

 

「子育ては母親が」「介護は家庭で」と言われている女性が「社会進出を」なんて言われてもね……。

 

で、働きたくても働けない専業主婦や年収103万円以下のパートの家庭は配偶者控除廃止で増税ですか……。そして、配偶者控除を廃止して夫婦控除を検討なんて話もあって……。

 

夫婦控除の概要や金額が不明なので、詳しくはわかりませんが、配偶者控除から夫婦控除に変わって明らかに得するのは、バリバリキャリアウーマン的な共働き夫婦世帯だけでしょう。この世帯は世帯収入もかなり多く裕福な多い家庭が大半でしょう(厳しい家庭もいらっしゃるでしょうが)。

 

配偶者控除を廃止してまで、この夫婦控除がいるのでしょうか?

 

ほんと、この件ではもっと言いたいことがあるのですが、また次回に……。こんな愚策、やめて欲しいですわ。