アメリカとキューバが国交再開に向けて動き出しましたね。

 

革命50周年の前年の2008年にキューバへ行ってきたのですが、オールドハバナは、タイムトリップしたような街でしたっけ。18世紀後半から19世紀にかけて建造された歴史的なホテルが多く、ノスタルジックな風情。

 

ホテルのベランダから通りを見下ろすと、1950年代クラシックカーががしゃがしゃ音を立てながら走ってました。外見は昔のアメリカ車ながら、部品は各国の連合車になっていると、地元の人は笑って言ってましたっけ。

 

f:id:kosekichieko:20141220013442j:plain

 

仕事ではなく、遊びの旅だったので、「ノートは現地で買えばいいや」なんて甘い考えでいたら、文房具店の前でびっくり。新学期が始まる前だったため、文房具の配給待ちの長い長い列が……。普通のノートは諦めるしかなく、お土産の露店で額縁みたいな厚い表紙のノート(高額だったなぁ)を買い求めたのを覚えています。