今年の漢字は「税」だったようですね。負担感がますばかりの「税」ですが、お得な税もありますよね……ってことで「ふるさと納税」がテレビで特集されていました。

 

ふるさと納税とは、地方自治体にふるさと納税をすると、寄付金控除を受けることができて所得税や住民税が安くなるというものです。この申請の単位が1月1日から12月31日までなので、今年中の寄付を……ということでかけこみ寄付が多いようです。

 

この控除を受けると、実質負担額が2000円となります。このラインは所得や家族構成によって変わります。下記のサイトでそのラインを知ることができます。

 

総務省|自治税務局|ふるさと納税など個人住民税の寄附金税制

 

で、このふるさと納税の素晴らしいところは、納税額に応じてお礼をもらえる自治体があります。1万円の寄付で5000円相当の品物がもらえるところもありますよ。実質2000円の負担で、お礼の品が届くわけですから、お得ですよね。また、その使い道も指定することができるところもあります(子育て支援、環境保護など)。いい事ずくめ。