あなたは最近、ゲームセンターに足を運んでいるだろうか? 恐らく、このコラムを読んでいる人のほとんどは、行っていないだろう。ゲーセンと言えば、中高生の溜まり場的なイメージだと思うが、最近は大きく様変わりしている。

 

土日は、小学生以下を連れた家族が多いのだが、そこに混じって高齢者の姿をよく見かける。平日は、高齢者の方が多い。ゲーセンと高齢者は、イメージのギャップが大きいのだが、徐々に増えてきている。

 

だが、なぜいま高齢者なのか。

 

第一に考えられるのは、「ゲーセンは楽しい」ということに、高齢者が気づいたのである。

 

若い頃には存在さえ無かったので、まったく知らない世界である。1回100円を投入すれば、感じたことのない興奮を憶える。多少金に余裕のある世代なので、あまり金のことを気にせず、退屈な毎日に、ひとときの楽しみを得ることができる。

 

第二には、ゲーセンに行くことに大義があるということ。

 

「ボケ防止」。手先を使い、脳を刺激する。医学的にもその効果は証明されているので、堂々と入っていくことができる。ただの無駄遣いではなく、健康のためだと言い訳できる。

 

第三には、孫へのプレゼントが獲得できるということ。

 

最近のゲーセンは、クレーンゲームのような、賞品を狙うものが多い。しかも、おもちゃではなく、キャラクターのついたタオルやクッション、マグカップなど、生活用品的な賞品が揃っている。

 

おもちゃでは、孫の親である自分の子どもにイヤな顔をされるが、使えるものなら喜んでくれる。孫の笑顔のためなら、おじいちゃん、おばあちゃんは、頑張ってしまうものである。